横尾 美香

 千葉県市川市在住

 

こんにちは、陽だまりのしっぽ 横尾美香です。

 

先住犬のミニチュアダックスのミントが生後半年でPRA(進行性網膜委縮症)と診断され目が見えなくなりました。

その後胆石や胆泥症が見つかり闘病中の3歳を目前に寝たきりとなりました。原因は水頭症による癲癇発作でした。

一ヶ月東大家畜病院に入院し一命はとりとめたのですが、後遺症が残り寝たきりとなりました。

その後6年半の介護の末、2008年3月22日に旅立ちました。

長い長い介護生活でしたが、最期は苦しむことも一切なくあっと言うまに旅立ってしまいました。

生活のすべてをミントの介護に捧げていた6年半の日常が突然に奪われて重度のペットロスとなりました。

 

後悔・・・ではなく喪失感でした。

 

言いようのない喪失感と悲しみと絶望の中で、初めてアニマルコミュニケーションのセッションを受けました。

それまで、どんなに親しい人が優しい言葉をかけてくれても心に響くことがなく、一人引きこもってしまった私に「ミントからのメッセージ」で、一気に「現実」に戻り「前に進もう」と決意ができました。

「ミントの介護を生かそう。この経験を生かして他の犬や飼い主さんのサポートをしていこう」と心に決めました。

その後、保護団体「しっぽのなかまたち」からデイジーを迎え「健康」のためにとホリスティックケアを学びハーブに出会いました。

ハーブを学ぶにつれ、植物の力強さや優しさに触れデイジーだけではなく多くのオーナー様に知って頂きたいと現在、ハーブセミナーやカウンセリングなどを通じて「愛犬にハーブ」をお伝えしています。

アニマルコミュニケーションを通じて、動物の飼い主さんへの「温かく深い愛情」「動物にも感情があり高い波動を持っている」とたくさんの方に知って頂き、動物遺棄や虐待の無い動物と人と植物と温かい共生のできる世の中になることを心から願っています。

 

いま現在、動物と暮らしていて「幸せだ」と感じている方々を”もっともっと幸せだ”と感じて頂けるようにサポートいたします。

  

なぜハーブとヒーリング?

 

私がハーブとアニマルコミュニケーションやヒーリングの講座開催、セッションをする理由はどちらも「心身のバランスを取る」ものだからです。

 

ハーブは「手に取って見えるもの」「飲んだり食べたりできるもの」ですが、私はハーブ(植物)の中にある見ることはできない「生命エネルギー」がしっかり身体と心に作用し薬理効果を発揮するものだと感じています。

ハーブの持つ「見えない力」に期待しています。

 

同時に見たり手に取って確かめることのできないエネルギーワークである「アニマルコミュニケーション」「ヒーリング」も心身を整えてくれるものです。

 

見える力、見えない力が両輪となって「心身の健康」をサポートし「自然治癒力」を高めていくと考えておりますので、陽だまりのしっぽではハーブやアニマルコミュニケーション、ヒーリングの両方をお伝えしています。

 

  


◆プロフィール◆

アニマルコミュニケーター

レイキヒーラー

時空礎調整ヒーリングセラピスト

マヤ暦セラピスト 古代マヤ暦シンクロ協会 開運ナビゲーターコース終了

 

ハーバルセラピスト 日本メディカルハーブ協会認定  

ドッグフィトセラピスト

ホリスティックケアカウンセラー

愛玩動物飼養管理士

ペット栄養管理士

ペットのためのバッチフラワーレメディ アドバンス修了

 バッチフラワーアドバンス(基礎・応用編)修了